男子高校生のための

コンーム会

仲間と一緒に「コンドーム会議」を開き
コンドームの装着法をマスターしよう!

HOME | コンドーム会議 | コンドームは避妊の王様?

コンドームは避妊の王様?

 
 コンドームよ、ありがとう。コンドームは避妊の王様。ならばクイーンは、女性が飲む経口避妊薬の「低用量ピル」だ。この2つを正しく併用すれば、避妊の成功率はほぼ100%に近い。
 

日本の避妊王は「コンドーム」

 避妊の方法としてまず思いつくのは、「コンドーム」だ。セックスを開始する前にペニスにかぶせ、射精しても膣内に精子が放出されるのを防ぐ(=卵子と出会わない)避妊具である。正しい使い方をすれば、妊娠率を10%以下に抑えることができる。
 ちなみに、精子卵子が出会わないようにするための避妊の方法は他にもある。子宮口に挿入して精子の進入を防ぐ「ペッサリー」「殺精子剤」「卵管結紮(けっさつ)法」などがあるが、若者がおこなえる避妊法としては向かない――と言い切ってしまっても構わないだろう。
 そのほか、受精卵子宮着床するのを防ぐ「IUD」は、子宮に挿入する小さな器具だが、産婦人科の医師に挿入してもらう必要があり、出産の経験のない若者には向かない。また、「精管結紮(けっさつ)法」というのは、いわゆる男性のパイプカットのことである。先の「卵管結紮法」と同様、これらは永久に避妊(永久に生殖をおこなわない)するための手術であり、これも、生殖活動に前途ある若者に向かないことは、言うまでもない。
 
 そうなると、コンドーム・イズ・ベスト! と思えてきてしまう。悪い言い方をすれば、避妊の方法は「コンドームをペニスに装着すること」以外知らなくていいとなるし、実際、若者達は、「コンドーム」以外の避妊の方法をほとんどよく知らない調査結果もある。
 確かに、“ヒニン=コンドーム”という通念、あるいはこの一般常識は、子どものうちから何らかの形で教えられ、周知されてきたはずである。「コンドーム」は、コンビニやドラッグストアなどで、比較的安価で販売されており、若い学生でも買える利点がある。付け加えておくと、「医療機器製造販売承認番号」がパッケージに表示されていないものは、本物のコンドームではない(男性向け避妊用コンドームとしては相応しくない)ので、絶対に買わないこと。安心・安全を担保するのであれば、国内のメーカーの「コンドーム」を買うのがいいだろう。
 

経口避妊薬「ピル」は避妊のクイーン

 とにかく日本は、避妊に関して、大雑把に言うと、“コンドーム一辺倒主義”で突っ走ってきたため、女性が飲む経口避妊薬の「ピル」というクイーンの称号の存在を、すっかり忘れていた。現にいま、「ピル」を利用して避妊する若者は、なんと1割にも満たない。それもそのはず、日本では、1999年にようやく低用量の「ピル」が認可されたからである。
 「ピル」とは何か――。たいへん昔の話かつクダラナイ話で恐縮だが、私が子どもだった頃、「ピル」と聞いて、“ピルピルミチル!”と騒ぎ立てた思い出がとても懐かしい。若い人には分からないだろうから説明するが、決して、メーテルリンクの話ではない。その頃、“チルチルミチル”という使い捨てライターの商品があったのである。避妊薬の「ピル」という新鮮な言葉の響きと、その頃日用品としてあったライターの“チルチルミチル”を掛け合わせた言葉あそび=ジョーク、ということになる。
 
 話を戻す。経口避妊薬――つまり飲んで避妊する薬剤のこと。低用量の「ピル」は、血液中の女性ホルモン(黄体ホルモンのプロゲストーゲンと卵胞ホルモンのエストロゲン)量が増えて周期的な排卵を止める効果があり、99.9%妊娠を防ぐことができる。飲み忘れさえなければ、最も失敗率が低く、効果的な避妊法なのである。
 にもかかわらず、日本の場合、産婦人科の医師の処方が必要なことからか、若者には敬遠されているようで、認知度も低い。しかし、「ピル」は、月経不順を治したり、月経痛を和らげる効果もあるので、若い女性はぜひ知っておくべきだ。欧米ではむしろ、「コンドーム」よりも「ピル」の方がポピュラーなのである。何度も言うように、避妊は「コンドーム」と「ピル」の併用が望ましいのだ。
 

「膣外射精」で避妊はできない

 若者の避妊の実態例として、こういうことも知っておいてほしい。
 高校生や大学生がセックスの時に実践している避妊の方法のうち、「膣外射精(膣からペニスを外に出して射精する)」を選択している高校生は約3割、大学生では2割弱もいる。
 おおむね、若者達の「膣外射精」のやり方としては、オルガスムに達する直前に膣からペニスを引き出し、女性の下腹部の上で射精するというもの。実はこのやり方は失敗率が非常に高く「コンドーム」無しで膣内に挿入していたペニスには、既に精子が付着している場合があり、卵子と出会ってしまう可能性がある。
 この場合のお粗末なセックスでは、こういう笑えない例がある――。膣からペニスを引き出してから相手の下腹部で射精(=「膣外射精」)したものの、思いあまって(というか、つい興奮して?)そのペニスをもう一度膣に挿入してしまった――という失敗談。
 尤も、それ以前の初歩的なミステイクとしては、男性側のオルガスムのコントロールがうまくいかずに、ペニスを出す前に膣内で射精してしまう事例が多く、いずれにしても「コンドーム」無しの「膣外射精」は、避妊の方法としては不備だらけで目も当てられず、効果はまったく期待できない。
 
 何と言っても、「膣外射精」のまずい点を述べると、射精前に分泌される透明な液体尿道球腺液という。いわゆるカウパー液)には、微量の精子が含まれていることがある。つまり、言わずもがな、「コンドーム」を用いずに「膣外射精」だけで避妊をしようなどと考えるのは、やめた方がいい。
 ちなみに、中絶経験のある女性を対象にしたアンケート結果(2007~2008年におこなった厚生労働科学研究の調査)によると、「望まない妊娠」に至った原因として、避妊の失敗が根底にあり、それも「コンドーム」着用での失敗(破れたり漏れたりなど)「膣外射精」約半数を占めている。では、もう半分の失敗の原因は何か? むろん、「避妊なし」である。
 
 これも基本的な知識としてよく覚えておいてほしい。セックスで避妊に失敗した場合は、72時間以内であれば、婦人科・産婦人科で「緊急避妊ピル」を処方してもらえる。
 「緊急避妊ピル」の処方は、「望まない妊娠」を回避するための、避妊の方法としての緊急的な手段になりうる。ただし、あくまでこの場合の費用は、決して安くはない。したがって、くどいようだが、本当に何度も言う。避妊の方法としては、「コンドーム」と「ピル」の併用が望ましいのである。

若者は性の知識やセックスに関心がない?

 若者は、遅かれ早かれ、恋愛を経験し、セックスを経験する。日本性教育協会がおこなったアンケート(「青少年の性行動 わが国の中学生・高校生・大学生に関する第8回調査報告」2018年8月)では、中学生・高校生・大学生を対象としたこういう統計結果もある。
 「あなたがいま、性について知りたいことは何ですか」という質問に対し、選択肢形式で若者達が回答している。「恋愛」を選んだ人は、中学生・高校生・大学生で約2割いる。「男女の心の違い」「セックス(性交)」「性感染症」を選択した人は、おおむね1割以上。しかしながら、「避妊の方法」を選んだ人は極端に少なくて、大学生の女子ではかろうじて1割を超えているが、それ以外の人は、「避妊の方法」に関心がなく、1割にも満たない
 
 ところが、もっと驚くべきことに、大学生の女子を除き、約半数以上の若者が、性について「特に知りたいことはない」を選んでいるのである。中学生と高校生の男子が6割近くも「特に知りたいことはない」を選択しており、このことから、日本の10代から20代の若者は、全般的に性への関心度が低いか、もしくは、もう自分は充分に性の知識があると思い込んでいるかの、いずれかであるようだが、前ページのセックスの実態を表した統計を見れば明らかであるように、持っている性の知識は薄いものでへなちょこで、避妊の知識はおろか、セックスに対する正しい知識も好奇心も、あまりないのである。
 
 そんなアバウトな危うい状態の若者が、いざパートナーと出会い、セックスに挑むとなった時、果たして本当に正しく避妊がおこなえるのだろうか。あるいは性感染症を防ぐことができるだろうか。正しい避妊の知識がないことで、実践が伴わず、結果的に「望まない妊娠」に陥るケースが後を絶たないのだ。
 また、性感染症セクハラレイプ(強姦)などの10代の若者の性被害の増加傾向も、それを如実に示している。公教育の現場で、避妊についてしっかりと学ぶ機会が少ないからなのか、あるいは教師の教え方が大雑把なせいなのか、諸外国と比較しても日本の子どもや大人は、セックス避妊リテラシーが低いのである。
 

男子高校生に実践してもらいたい「コンドーム会議」

 こうしたことから、私は一つのことを思いついたのである。男子高校生のための「コンドーム会議」。このことを提案し、広く、実践できる男子高校生が増えていけばいい。
 男子高校生には、正しい「コンドーム」の装着法を学んでもらいたいのである。単にそれを頭で理解するのではなく、実際に試してみることが肝心。自分でコンドームを買い、そのコンドームを自分のペニスにかぶせてみること。この2点はとても重要であり、遅かれ早かれセックスを経験する前に、ぜひとも習得しておいてほしいと思うし、事前に(少なくとも高校生のうちに)「コンドーム」の装着法を体験しておくことは、損にはならないだろう。
 
 高校生ではなかなか、一人で「コンドーム」を買ったり、ペニスに装着したりするのは面倒だし、恥ずかしいし、難しい、と思うかも知れない。そこで、そういったことをグループで実践すればいいのだ。それが、私の提案する、男子高校生のための「コンドーム会議」なのである。
 

まとめ

・避妊は「コンドーム」と経口避妊薬「ピル」の併用が望ましい
・「膣外射精」は避妊の効果が期待できない
・無知であるままのセックスは、自分達の心とからだを傷つける
・男子高校生は「コンドーム」の装着法を実際的にマスターすべき

〈了〉

ディス・イズ・コンドーム。こんな形状で袋に入っている。

コンドームを伸ばすとこんなような形に。薄い素材でできている。

男子高校生の諸君!
こうしたことに危機意識をもったら、